FC2ブログ

ニコニコ動画

こんばんは、シシトウです。
今日、友人3人と焼肉、カラオケに行ってきました。
飲み会以外で焼肉に行くのは初めてで、どうしていいのかよくわからなかったw
その後、近くのカラオケに。
歌うのは、主にアニメ主題歌、流行歌ですが、私は最近の流行歌は詳しくないのであまり歌えません。
3時間ほど歌ってました。でも、あっという間ですね。終わってしまうと寂しいものです。

おとといに、ニコニコ動画に動画をうpしたいなんてことを書きましたが、その内容の一部を小説風に書いてみたので読んでもらえたらうれしいです。
それではっ

冬の訪れ

この日、文と椛は晩秋の山に取材に来ていた。
 しかし、秋はもうだいぶ深まり、山の木々は冬に向けて葉を落とし、赤や黄色に染まったであろう葉は地面で茶色に変わってしまっていた。
「――見渡せば花も紅葉もなかりけり。浦の苫屋の秋の夕暮れ」
 文が、そう詠じると後ろから声がかかった。振り返れば、秋を代表する二人の姿があった。
「藤原定家ね。今の山にはふさわしいわ」
「あやぁ、秋姉妹ですか。よくご存知で」
 ひとり言を聞かれてしまい、文は恥かしくなった。
「これでも神ですから」
 静葉は、微笑む。
「ところで、ここには海も漁師小屋もないわよ」
 姉とは反対に、つっけんどんな穣子の言葉に、
「問題ありません。定家も実際に見て詠んだわけではありませんから」
「たしかに」
 文の切り返しに静葉は、なるほど新聞屋だと思った。
「あのぅ、何の話をされてるのかよくわからないんですけど」
 椛がおずおずと質問する。
「うふふ。今、文さんが詠んだ歌はね。平安の歌人、藤原定家の歌で『三夕の歌』のひとつに数えられる有名な歌なの。また、藤原定家は『新古今和歌集』の撰者の一人でもあるのよ」
 軽く説明したが、それでもまだ椛はわからない様子だったので、静葉はもう一度うふふ、と笑って説明を切り上げた。


「秋も終わりですねぇ」
 文がしみじみと言うと、
「ええ、そうね」
 静葉も答える。
「憂鬱だわ。またあいつの季節なのね」
 穣子はひとり顔をしかめた。
「ああ、そうそう」
「「?」」
 疑問符を浮かべる二人に、文はにっこり笑って言った。
「もみじならここにあります」
「うふふ。これならいつでも見られるわね」
「そうね、あはは」
「?」
 自分を見て笑う秋姉妹に、困惑顔の椛だった。
 
 今年も幻想郷に冬がやってくる。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シシトウ農家

Author:シシトウ農家
シシトウの畑にようこそ!
2010年からブログをはじめました。

pixiv
http://www.pixiv.net/member.php?id=1642276

Twitter
http://twitter.com/sisitou825

このブログについて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FLASHアナログ時計


by WANPA

カレンダー+最終更新日
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブクログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR